Recent entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


でぼちん5

「管理人は私が好きって言うんだからZwei2巻の

 感想だけで記事は終わらないわ!!

 ってことで特別企画!!2巻のコレが私の名言集よ!!」



でぼちん5

「レッツ ビギナ・ギナ!!」




でぼちん4

「モビルスーツ!?"ビギン"だよ…
 私の名言もおまけで入っています☆」

その1:テロリストに対して高圧的に抗議をするでぼちん


舞乙zwei2巻1

「やぁ~ってみなさいよ!!

 エアリーズ魂を持つ人間はね!!

 爆弾くらいで死にはしないのよ!!!!」



はい、愛すべきバカ発言一発目です☆
普通は死にます、ハイ♪さすが気合と根性が信条のでぼちんだww



その2:テロとのこう着状態の中、手詰まりでサラに放った一言


舞乙zwei2巻1

「それを打破するのが私たちの仕事でしょ!?

 強行突破とか!!」



はい、でぼちんには強行突破しかないですねw
しかしローブ無しなのに強行突破はダメだろww
しかしでぼちんだから良い☆
これも気合と根性ですww




その3:ユキノが人質になるときのユキノの「いろいろよろしくね、准将」のあとの一言


舞乙zwei2巻1

「しょーがないわね、もう…!!」


名言というか場面だね。
2人はコレだけの言葉で十分なんです。
それだけ信頼感があるんです。



その4:バスに突入したあと、テロに対して決めゼリフ


舞乙zwei2巻2

「人質をとったりナギを解放しろといったり

 誰かの力にすがろうとしてるあんたたちに

 最初から勝ち目なんかないのよ!

 闘うつもりなら自分の力だけで堂々とやりなさい!!」



熱い…熱すぎるぜアーミテージ准将!
冬ということを忘れそうだ…!!
漢だね、ホント。
体育会系のこの熱い感じが好きだ。
体育会系だった頃の血が騒ぐぜ!!



その5:石化を食らったでぼちん、反撃の一言


舞乙zwei2巻2

「人を背中から撃つなんて…!!

 この次…会ったら…」



ここも漢らしい。
相手真祖なのに一人お構いなしに戦闘よww
背中は狙うな、男なら正々堂々正面から来いってことでしょうね。(男ちゃうけどw)
しかも石化食らっても反撃をお見舞いするとか気合やね!!
絶対スパロボでいう性格ステータスは"超強気"だww
精神コマンドは"ド根性"、"気合"、"熱血"は絶対あるなww
他は何だろ??ww



おまけ:ハルカとの関係をアリカに語るユキノ


舞乙zwei2巻1

「私とハルカちゃんの間にはルールがあって…

 私が間違ったらハルカちゃんが、ハルカちゃんが間違ったら

 私が怒るようにしようって…

 そしてちゃんと話し合って、2人とも正しいと思える道を

 見つけたら迷わず前に進もうって…

 だからきっとハルカちゃんは私が正しいと思うことを

 してくれる。

 それが私のオトメ、ハルカ・アーミテージ准将なの…」



いいよね~。
最後のほうが猪木入ってますが全然良い!!
迷わず行けよ、行けばわかるさ…!!
これはアリカとマシロの関係を見つめ直す良いお手本になってるってことですよね~。




まぁ他にもあるけれど絞ればこんなもんかな…と。
しかしこの名言にも現れるとおり、アホなところも含めて一直線なカッコよさとユキノとの絆が特に好きなんですよ。
舞-HiME時はHiMEちゃうのに(心が)強かったからな~。
舞-HiMEは戦う側と守る側の立場が2人逆で、そのギャップも魅力だったな。
ユキノが舞-HiME時は弱気なのに、苦悩して、でも最後はでぼちんのために必死に体張って会長と戦ったところとか好きだ。
でぼちんもあの時カッコよかったね。
力なくて無念に散ったけれど…。
それもあってか今回の乙(Zwei)ではでぼちんを大暴れさせたいっていうスタッフの気持ちがはっきりと伝わった気がしますww
でぼちん好きの人で何か他に名(迷)言があったら教えてください♪





でぼちん良かったってひとは1クリックお願いします☆

にほんブログ村 アニメブログへ
こっちもよろしくです~☆

スポンサーサイト

















管理者にだけ表示を許可する


舞-乙HiME Zweiの第2巻。ハルカの活躍中心と言った所でしょうか。でもハルカも石化されてしまいます。 ホビーに萌える魂【2007/05/07 23:43】
| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ヤングの行く夏、来る夏, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。