Recent entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


<ストーリーの流れ>
①アバン
 ↓
②"詩音"、"鷹野"と出会い研究ノートを借りる
 ↓
③とんで1年後、"詩音"が不良から"圭一"に助けてもらう
 ↓
④綿流しのお祭りで祭具殿に忍び込む
 ↓
⑤園崎本家に泊まった"詩音"が"鷹野"の死を知る

とうとう綿流し編と時間軸があった話になりました。
さぁ個人的には最後がどう表現されるのか今のところすごく期待している目明し編の第3話でございますw

ひぐらしひぐらしひぐらし

ひぐらしひぐらしひぐらし

鬼隠しの謎を探るべく図書館にこもる"詩音"に"鷹野"が話し掛け、またしても雛見沢の暗黒史について延々と語ります。
そして"鷹野"の研究ノートを"詩音"に貸すことに…。

そして"詩音"の部屋に"魅音"訪ねてきて"悟史"の行方不明に園崎家は関わっていないと言う。
それにキレて鬼が目覚めた"詩音"が"魅音"に襲い掛かるが"魅音"も爪をはがされていたことに気付き"魅音"を信じる事に決めたのでした。

まぁ鬼に目覚めたって言ってもここはそんなに目覚めたって感じじゃないんだけれどねw

ひぐらしひぐらしひぐらしひぐらし

ひぐらしひぐらしひぐらしひぐらし

そして一年後…

とうとう再登場しました元主人公"前原 圭一"
"詩音"を不良から助け、それを"悟史"とダブって見える"詩音"…。
まぁ前の話では結構"圭一"がヘタレというか意外と(?)その行動をあまり評価しない人が多いみたいですが彼の見せ場は罪滅し編ですしねw(多分)

そして"魅音"のお気に入りとして"圭一"の話を聞く"詩音"。
部活の人形の話もここで"詩音"は聞きます。
あと萌えの典型パターン普段は笑ってポイントで泣く
リアルで実践された人は気をつけましょう。

綿流しのお祭りの日。
この"沙都子"の表情は萌えるなwww
"圭一"に"悟史"の姿を重ねながらも"圭一"に惹かれる"詩音"。
本当に純情さだけならひぐらし1なんですがw
そして聞こえる足音…。
それを"悟史"と思い込むのでした…。

ひぐらしひぐらしひぐらし

ひぐらしひぐらしひぐらし

綿流しの晩。
ここはご存知、綿流し編の流れと同じで祭具殿に忍び込むというところ…。
ここで実際に"詩音"だけにはガタン!ガタン!という足音が本当に聞こえていました。

親族の飲み会で酔った(その姿が少しセクシーな)"詩音"は園崎家に泊り込むことに…。
そこで鬼婆と"魅音"の話を盗み聞きをして、自分たちが祭具殿に忍び込んだことがばれたと気付いた"詩音"。
そこで"魅音"に見つかり次回へ持ち越し…。

いいところで終わっちゃったね。
来週はもうドロドロだね。
実際はまぁ綿流し編の解答編なんだけれどそれでもゲームやっているときは衝撃だったからね…。
次回は"仕返し"…。
もうタイトルが全てを語っている感じがしますw
スポンサーサイト

















管理者にだけ表示を許可する


アニメ版のひぐらしの出来が結構いいなんてくやしい・・でも(略)でもマジで結構出来がいいよ目明し編エピソードの削り具合とかが絶妙かも。あと提供がまた復活した今回三四のノートキター本当にろくなことしないなこの女(笑)そして詩音の首締め.... よせあつめ離島【2006/08/08 23:32】
| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ヤングの行く夏、来る夏, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。