Recent entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ゼロの使い魔3期8
コルベール先生が生きていた理由、

それはタバサがかけた仮死の魔法が原因でした。




春香
コルベールの頭並みに

 薄っぺらい理由ね…」



おっしゃるとおり。
なぜ仮死の魔法をかける理由があったのかが知りたい。
それにみんなも生きててビックリって感じのリアクションをとらないよね…。




ゼロの使い魔3期8ゼロの使い魔3期8
ゼロの使い魔3期8ゼロの使い魔3期8
ゼロの使い魔3期8ゼロの使い魔3期8
ゼロの使い魔3期8ゼロの使い魔3期8
無事に生きていたコルベール先生はキュルケとイチャついてました。
夕べの才人アンリエッタ王女の関係が気になるルイズですが、才人はそれよりもなぜタバサが自分を襲ってきたのかが気になっています。
アンリエッタ王女と何があったのかをはぐらかす才人に、ルイズティファニアからもらった魔法アイテム、「昨夜(ゆうべ)の水晶」で、何があったのか覗き込もうとするのでした。




でぼちん4
「一度しか使えない人気アイテムを惜しげもなく

 ルイズにあげるなんて、ティファニアはいい子!」


「普通に夕べの様子が見える魔法アイテムが店に置いてるってのは面白いけどねw」



でぼちん4
「ところでその昨夜の水晶って、ベアトリスに

 仲直りの証にもらったのよね?そんな大切なものを

 簡単にルイズにあげていいの?」


「ダメでしょ!普通!」

ティファニア…黒い子…。





ゼロの使い魔3期8ゼロの使い魔3期8
ゼロの使い魔3期8ゼロの使い魔3期8
ゼロの使い魔3期8ゼロの使い魔3期8
才人を追い詰めて昨夜の水晶を覗いてみると、そこには才人に襲い掛かるタバサの姿が。
タバサの事情を知るキュルケは、タバサガリア王国の王族で、継承争いの犠牲になったタバサはシュバリエにされて無理難題な任務を与えられていると言うのです。
任務に失敗して実家に戻ったタバサを襲うエルフ。
タバサを助け出すためにガリアに乗り込みたい才人ですが、才人に情を移したアンリエッタは無理をしてはいけないと引き止めるのでした。







コルベール先生復活の理由が薄すぎて笑ったww

いくらなんでも説明になってねぇよw
しかもいつの間にかキュルケと恋仲(?)になってるし。
いやらしいことし放題だな、おい(コラw

今回のルイズはなんか好きでした。
最近、才人絡みになるとウジウジしまくってたから、今回みたいに、はっちゃけてまっすぐと才人の気持ちを確かめようとしたのは凄くGJ
最後は才人を信じるってしっかりと宣言したもんね。
まぁどうせ、また才人に対して疑心暗鬼になってウジウジするんだろうけどねw

あとアンリエッタ…才人に惚れるなww
あんた、1期か2期で死んだ恋人の王子のことを忘れたんかw
リアルなら恋人が死んだら次の人に移るのは仕方ないけど、せめてアニメの中ならそこは貫こうぜw
ケツの軽い女に見えちゃうぜwwww

エルフ出てきましたね。
最近、影が若干薄いティファニアと話が繋がる予感w


次回、めっちゃ期待してます『タバサの妹』に続く

スポンサーサイト

















管理者にだけ表示を許可する


第8話「東方(オストラント)号の追跡」 タバサのこと、少しずつわかり始めました 赤い彗星3号館【2008/08/29 23:38】
「東方号の追跡」 東方号と書いて“オストラント号”と読ませるとは、ミリオタと噂のヤマグチノボル先生らしいのかな? 俺はこの辺詳しく... ACGギリギリ雑記【2008/08/30 00:34】
太ももにギュッ(;´Д`)スバラスィ Ηаpу☆Μаtё【2008/08/30 00:45】
なぜ仮死状態なんかにね…大事な所がコルベール先生はタバサに仮死状態にされただけで死んでいたわけではなかったみたいです。 Shooting Stars☆【2008/08/30 00:51】
こんな鬼ごっこだったら捕まりたいw ドタバタしてしまって今回は画像無しです、ネットが繋がらなくなったりグラボの修理したり^^; では... ラピスラズリに願いを【2008/08/30 01:03】
コルベール生還…生きてた理由? 原作通りぃ!(?) 以上(ぉ) いいんじゃない別に。毎年命日をしたりして数年後とかじゃないし。 問題... SERA@らくblog 3.0【2008/08/30 09:39】
| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ヤングの行く夏、来る夏, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。