Recent entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


<ストーリーの流れ>
①泉へ行くことになり、様々な思いを抱くシヴュラ達
 ↓
②ネヴィリルの告白
 ↓
③ユン、再びオナシアと会うために泉へ
 ↓
④シヴュラ達が泉へ着くとユンが…

シムーン

「私が好きなのはあなた…

死ではなく生に向かって生きるあなたが好き…

私を闇から救ってくれたあなたが好き…」


まぁ二人が結ばれるのは最初らへんから予想は出来ましたが、アーエルはまだ自分の気持ちにはっきりと気付けないところが可愛らしいね…。
しかし、先週、シヴュラ達が性別を選ぶことはないと思うとか言っておきながら、全然予想はずれでシヴュラをやめなければいけないみたいですね…。

シムーンシムーンシムーン

シムーンシムーンシムーン

コールテンペスト解散と同時にシヴュラとしての地位も失うことになったシヴュラ達…。
泉へ行くことになった彼女達は様々な思いを抱く…。
モリナスワポーリフとその胸の内を話し、カイムアルティが見た目だけでまだ中身は子どもだったんだと気付く…。
またアーエルネヴィリルが違う世界に行きたいのはアムリアと会いたいからだと嫉妬し、リ・マージョンを拒否する。
ユンロードレアモンとからたった一人でも守れたらと聞き、オナシアのことを考え彼女に会いに無断で出て行くのだった…。

なんかアルティがカイムの胸に崩れたところが凄くグッときて可愛らしく見えた…。
いや、昔の回想シーンもお嬢様っぽくて可愛かったしw
しかしカイムは昔から口悪くて生意気だな。
フロエのエピソードで新米兵(名前忘れた)来たとき、女になるとか言ってなかったか?w

シムーンシムーンシムーン

シムーンシムーン

翠玉のリ・マージョンやアーエルとネヴィリルがそれに挑戦することを皆に告げるパライエッタ
ネヴィリルはアーエルアムリアにに会いたいというのは本心だが、あなたが好きだと告白…。
アーエルもネヴィリルのことが好きなのだが、自分の気持ちがはっきりと気付けない。
オナシアに再び会うユン。
オナシアは永遠に少女で生き続ける苦しみから解放されるようにユンに抱きしめられ消えていくのだった…。

しかし今考えるとだ誰もユンとオナシアの組み合わせってわかんないよね…。
オナシアが1人で寂しい思いをしてそれをユンに押し付けようとしてしまったって感じなのかな…??
ユンはオナシアの後を継ぐってことか…。

シムーンシムーンシムーン

アルクスプリーマで最後を過ごしたシヴュラ達は列車でとうとう泉へ…。
中に入っていけばそこにはユンが待っていたのだった…。

パラ様が壁に傷をつけてましたねw
リ・マージョンの絵かな??
しかし列車のサンドイッチのやり取りを終えた後のあの空白の時間は何だったんだろう…??

なんかいろいろまとめられないのが自分です(汗
予告を聞く限りは他のシヴュラは性別を選んで大人にアーエル、ネヴィリルは翠玉のリ・マージョンで別世界へって感じになるんでしょうね…。
ユンが最後に登場したけれどユンは性別を選ばんのかな…。
イマイチ立ち位置が不明確ですね…。
他のシヴュラは性別を選んでも見た目あのまんまだろうけど、出番はあるんかな…。
あと2話ですが、最終回は○年後の話とかなってアーエル達と他のシヴュラ達が関わったら面白いだろうなww


FC2 Blog Ranking
押していただくと狂喜乱舞しますw
スポンサーサイト

















管理者にだけ表示を許可する


シムーン  現時点での評価:2.5  [戦争]  テレビ東京 : 月曜 25:30  テレビ愛知 : 金曜 26:28~  テレビ大阪 : 金曜 26:30~  AT-X : 木曜 10:30~  アニメ制作 : スタジオディーン   http://www.simoun.tv/ 少女達が『シムーン』... アニメって本当に面白いですね。【2006/09/18 00:35】
シムーン 第24話「選択」ユンの選択、ネヴィリルの選択、それぞれの選択。 恋華(れんか)【2006/09/18 20:23】
「何も選ばず。年を重ね。」「現実から逃げ続けた私への罰なのです。」それ何てニート? nekoyama01-blog【2006/09/18 20:32】
相変わらず予想の斜め上を猛スピードで飛んでいってくれるねシムーンは。正直、こういう展開になるとは思わなかったわ。以前ほどの劇的な展開はないけど、静かに確実に話が展開していってる今回性別を選ばなくて生き続けた結果が今のオナシアということ.... よせあつめ離島【2006/09/19 00:03】
品質評価 31 / 萌え評価 15 / 燃え評価 5 / ギャグ評価 5 / シリアス評価 47 / お色気評価 15 / 総合評価 20レビュー数 19 件 宮国のシヴュラたちはすぐに泉へ行くことを強制され、ワポーリフら整備員たちも嶺国へ行くように命令される。そんな中、ユンが失踪。戸惑う少女た ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン【2007/09/08 15:53】
| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ヤングの行く夏、来る夏, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。